エコカフェいいだ|事例紹介

エコカフェいいだ
事例紹介
<< 我が家のエコ!我が職場のエコ! | 戻る | 電気自動車乗り合いタクシー 出発しました! >>
生活と環境まつり2010に出展しました。
 10月16日(土)〜17日(日)の両日にわたり、
「生活と環境まつり2010」が開催されました。
市民の環境活動の発表の場であることは言うまでもありませんが、
地域の特産品の販売や、健康づくりに関する出展もあり、
2日間で3200人の参加者で大賑わいでした。
地球温暖化対策課も、飯田地球温暖化対策地域協議会と共同で出展しました。



初日は、飯田地球温暖化対策地域協議会の参加メンバーの「アップルキャブ」さんの自転車を搭載できるタクシーの展示と、
三菱自動車さんの電気自動車「iミーブ」の試乗会を行いました。
まずは、アップルキャブさんの取組みのご紹介です。
飯田市で貸出ししているクロスバイクをタクシーに乗せたら、こんな風になりました。
かなりしっかり固定されていますから、自転車にもタクシーにも傷が付くことはありません。


南・中央アルプスの谷あいの岳都・飯田には、眺望に恵まれた観光スポットがたくさんあります。
愛用の自転車をタクシーに乗せて高原に連れて行き、帰りは下り坂だけ自転車で楽しむなんて、
なんて贅沢な自転車の楽しみ方でしょう!
2台まで搭載可能とのことです。自転車好きのスタッフも、興味津々でした。


次に、電動自動車のiミーブです。
後輪駆動車とのことで、エンジンじゃなくて、モーターのあるところを見せていただきました。
大きな四角い箱が二つ。見慣れない風景です。さすが電動自動車です。
電源を入れると、小さく「ミーン」という音がするだけで、ホントに静かですよ〜!
これなら、お休み中の赤ちゃんも起きません。

さっそく、本日最初の試乗のお客様がいらっしゃいました。
かわいらしい坊やがパパのお膝からこちらを見てますね。



記念写真をパチリ!楽しんできてくださいね♪



この日、試乗いただいた方は50人を超えました!スタッフもびっくり。
市民の皆さんの電動自動車に対する関心の高さがよくわかりました。
来年度の施策に活かして参りたいと思います。

翌日は、上伊那郡中川村の田島建設さんの出展です。

太陽熱の透過性を著しく低減させるガラス塗布剤のご案内です。
熱くなった白熱電球の前に、普通のガラスと薬剤を塗布したガラスを交互に置いて見ますと、
10度近い温度差があります!見た目には全く同様なのにビックリ!

飯田市では、環境配慮型住宅(エコハウス)の普及を進めていますが、
これは大きな効果が得られそうです。

田島建設さんの中原専務さんは、穏やかな笑顔で、1日お付き合いくださいました。
気さくで、とてもお話の楽しい方でしたよ。


2日間が無事終わりました。
大勢の市民の皆さまにお立ち寄りいただき、本当にありがとうございました。


-|2010.10.20 Wednesday
事例カテゴリ
最近の事例
アーカイブ
リンク
事例検索
RSS配信中